弱虫。

タイトルは彼女のタイトル。

彼女はブログしてるけど、蓋をしている。

彼女は僕を傷つけたと言っている。

酷い言葉は、家庭の中でも聞いているから、免疫がついているから、平気だよ。

でも。僕の事を褒めてくれた。嬉しいんだ。

彼女の気持ちをぶつけられて、より強く彼女を感じてもいる僕がいる。

彼女からは、幾度となく終わりの言葉を聞いてきた。その言葉を言う時こそ、離さない。

彼女は、とても苦しんでいるのがわかるから、僕も同じように苦しんであげる。

そしたら、彼女と同じ気持ちになれるから、

ゆめ、ひとりじゃない僕がいる。

中途半端な気持ちで、繋がっている訳じゃないだろ。それは、彼女が良くわかってるはず。

弱虫はふたりなら弱虫じゃなくなる。

心が冷たいなら、温めてあげる。

倒れそうになったら、しっかり抱きしめて支えるから、安心したらいい。

僕の言葉を先読みされたけど、一歩ゆっくり踏み出して、向き合ってくれたらいい。

急がずとも、ゆっくり、ゆっくりでいい。

手を離してないから、安心していればいい。

心がどうしていいのか、わからくなったら、

ふたりで幸せを感じた日を想い出して。

辛くても苦しくても、反動があるけど、それも、幸せと感じられる。

ゆっくり、ゆっくり向き合っていけばいい。

向き合ったその先は、明るく照らしてくれる空と太陽が見える。

離れない為の同じ空の下いつも一緒だから。